三十路女Kappuの結婚道

30歳を目前に控えたKappuが結婚に向けて試行錯誤しながら過ごす毎日を綴ります

顔合わせ・結婚挨拶の悩みポイント!~手土産の常識・非常識~

彼氏の両親への挨拶や、顔合わせの際などに迷うのが手土産ですね。

手土産の常識や礼儀なんてあまり分からない方も少なくないでしょう。

今回は手土産の常識から渡し方、おススメのお店を紹介したいと思います。

f:id:kinokokaori:20151211215109j:plain

手土産の常識・非常識

予算は平均3000円前後で選びましょう。

切り分けるものはNGです。(バウムクーヘンやカステラなど)小分けに個包装されたものを選びましょう。肝心なのは家族分の数が入っていることです。予め何人家族か確認し、あまりに数の少ないものは避けた方が無難です。

季節に合わせて選ぶことも重要です。ゼリーなどは夏に渡す方がいいでしょう。

顔合わせであれば持って帰る手間も考えて、生ものや日持ちしないものは避けましょう。和菓子と洋菓子のどちらが好きか等、事前に好みを聞いておくことで失敗を避けられるので彼にさりげなく聞いてもらいましょう。

手土産の選び方

当日にバタバタするといけないので、前日までには用意しましょう。

あまり早くに買いすぎて賞味期限がギリギリなんて事はないよう、2,3日前に買っておくと安心です。

購入するお店は百貨店や老舗のお店などが選びやすいですし、名の知れた店の方が貰い手も嬉しいと思います。スーパーやディスカウントストアなどで購入したものはやっつけ感が相手に伝わってしまうので、避けましょう。

顔合わせの際は、地元の銘菓などを持っていくと話のネタになります。

手土産の渡し方

・顔合わせの場合:お店に入り、皆が席に着いたところで母親、もしくは自分から渡しましょう。この際は紙袋に入ったままでも大丈夫です。

・結婚挨拶の場合:先方の家に伺う時は、玄関に入った時点で紙袋から出して渡します。

<渡す時のセリフ>

「つまらないものですが・・」などは言ってしまいがちですが、つまらないものを渡すのは失礼という意味になってしまうので、マイナスな言い回しは避けましょう。

「おいしいと聞いたので、お口に合うといいのですが・・」などのセリフにしましょう。

 

次回は銀座で選ぶ手土産について更新します。