三十路女Kappuの結婚道

30歳を目前に控えたKappuが結婚に向けて試行錯誤しながら過ごす毎日を綴ります

小江戸・川越で買う手土産はこれが間違いなし!~亀屋の最中~

小江戸としてすっかり有名になった川越。

f:id:kinokokaori:20151219233514j:plain

お芋が有名な川越ですが、その他にも銘菓がたくさんあります。

今回はその中でも手土産にぴったりなお菓子を紹介したいと思います。

川越に行くなら必ず目に入る店!「亀屋」

天明三年創業、230年以上の長い歴史を持つ由緒正しき菓子屋さんです。

川越の蔵通りを歩いていると度々目にすることができます。

逸品菓子つくりを続けてきたお店なだけに、逸品の品揃えが多くあります。

その中でも今回おすすめしたいのは、亀屋の代表ともいえるであろう「亀の最中」です。

f:id:kinokokaori:20151219233442j:plain

亀の甲の形をした特徴あるスタイルで、亀のかわいい刻印がされています。

f:id:kinokokaori:20151219233454j:plain

大きさは一口サイズで、上品さが表れています。

粒あんこしあんがあり、価格は一個80円でした。

私が買おうとしたときには既に粒あんが売れ切れていたので、粒あんの方が人気なのかもしれません。ただ、こしあんは賞味期限が迫っているとのことで3割引きになっていたのはラッキーでした。

寒天の食感が活きている!絶妙なあんこの味

一口食べると、皮はしっとりとしていてあんこと一体化しており、次にあんこにほんの少し食感がある歯ごたえを感じます。この正体は寒天のようです。あんこに寒天が入っていることから、いい感じにようかんの様な食感がします。

f:id:kinokokaori:20151219233504j:plain

慶事の土産にも最適!

個包装で、数の種類も豊富にありますし、値段も贈り物にちょうどいい価格帯です。

紅白のパッケージで販売もしてくれます。その際は店頭で使用日の1週間以上前に予約が必要なようです。

ネットでの通信販売も行っているので遠方の場合はここから予約してもよさそうですね。

↓こちらから↓

http://www.koedo-kameya.com/original3.html

最中以外にもたくさんの銘菓があるので迷ってしまうと思います。

今回私は芋ようかんも購入してみました。

f:id:kinokokaori:20151219233541j:plain

こちらはようかんと名前が付いていますが、寒天は入っておらず材料はさつまいも・砂糖・食塩のみです。

なのでさつまいもをペーストにして固めた、非常にシンプルでおいしいお菓子でした。

オーブンで焼くとスイートポテトのようになると店員さんが教えてくれたので、試してみたいと思います。

 

川越に訪れた際には是非・・☆

www.koedo-kameya.com